アニメとPCとかとか

「とかとか」にはその他モロモロという意味が込められています。 つまりテーマなんてありません。加えて中身が色々と黒歴史ですが、戒めの意味を込めて晒しときます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Charlotte考察

他ブログで考察をしている方にコメントを入れたのでその内容を一部改変してここに書き込むことにしました。
結構長い文章になっちゃったしね。


キャッチコピー「大切な何かを失うとしても、少年は運命に立ち向かう。」について。
大切な何かは、ここで言う並行世界の事とも取れますし、有宇の記憶(思い出)とも取れる、と考えます。
運命は、能力者達が幽閉されて使い捨てられないことや歩未を助けることであると思われます。

並行世界の考え方の場合、この運命は目の前の事象だけのことを指し、これに立ち向かう手段の一つとしてタイムリープを行っているものと思われます。
ただし、歌詞の雰囲気からして冒頭のキャッチコピーは恐らく、有宇の思い出を失うとしても、能力者たちの使い捨てられる未来を変える、という意味であると僕は思います。

少し話を戻しまして、先ほど、並行世界の考え方だった場合を述べたわけですが、実はCharlotteはタイムリープの考え方として、時間を上書きする考え方なのではないかと思うのです。
具体的には、並行世界には(存在するとしても)移動せず、現行世界の時間軸を遡って事象を改変するというもの。
データを上書きするようなイメージです。
時間遡行は一般に不思議の一つとして認識されている節があるため、物語構成要素としてこういう考え方もアリだと思うのです。

理由として、11話で七野が、有宇が工場の崩壊を起こしてるシーンにおいて、タイムリープをしてないのか!というセリフがあります。
まあこれは、有宇が崩壊を起こしている(意識が現行時間(世界)にあることを意味する)ためであったり、七野達が、有宇または隼翼がタイムリープした後の世界がどうなるかについて知らないためであるとも考えられますが。

これらの理由を除外して考えると、有宇がタイムリープしてるならば今自分が見ている現象は起こり得ない(見れるはずがない)からタイムリープしていない!というセリフの意味から、時間の上書きが連想されました。

そう考えると、有宇や歩未に事象改変前のイメージが残っていたことの理解もできます。
データの上書きであるため、断片データがどこかに残っていた、という考え方ができるためです。

ここで、ZHIENDの曲がトリガーとなって有宇の記憶が蘇ったことに関してですが、ZHIENDの曲には脳に何らかのイメージを叩き込むような作用があると考えることもできます。
それぞれの曲そのものに個々のイメージを叩き込む特別な力宿っている可能性もありますが、ここでサラに「人の一生が見れる能力」が備わっているとすると、サラが有宇や一希の記憶をイメージングして曲に込めたと考えられます。
そのために、有宇や一希は過去の記憶を思い出すことができたのだと思われます。

ただし、奈緒は会う必要がないと考えていることからサラに会っていないため、またはサラに必要がないと思われたため、奈緒の記憶のイメージングがされていないと考えます。
サラの年齢は不詳ですが、サラのセリフと全盲であることから、一希の記憶は過去にイメージングされていたと思われます。
人の一生を見れる能力であるならば、ミーハーな一希の一生を過去のライブかどこかで確認し、正気に戻してあげたいと感じたと考えられるためです。

最後に、さらなる蛇足として有宇が治癒能力を使わなかったことについてです。
最初から最後まで、有宇はほとんど自分が考えることはなく、誰かの知識・考えによって行動していました。
また、3話序盤と11話終盤で顕著に表れているように頭の回転も良くないようです。
よって有宇の人物像は頭の悪い人間であると考えられます。
さらに、直接的な要因として13話中盤で有宇が何をすればいいのか分からない、と言っています。
これに対し、奈緒は明確な答えを出し、有宇は「お前がそれしかないと言うのならそうする」と言いました。
そのため、有宇は絶対の信頼を置く人の言葉を守るために、約束を守るために、行動したのではないでしょうか。
治癒能力を使って目を治して、世界を改変しなおすことは、乙坂が想像しなかった可能性もあるけど、自分じゃその先の出来事に対応しきれない、とも考えたかもしれません。
製作陣の意図としては、約束を守るため、という意味が強かったのだと思います。


--------------
コメントを投稿したブログ
アニメ『Charlotte』個人的考察 - とりあえず、作った惰性ブログ。

サラの「人の一生が見れる能力」に関する抜粋。
上記ブログ記事より。

隼翼は視力に関して、「いままで見てきたものを一瞬で見返してしまうから視力が下がる」ようなことを言っていた。
ならば、同じような能力が原因で視力が落ちたのなら、「その人の死までの一生を一瞬で見ることができる能力」というところが妥当か。
これならば、これから有名になるであろう作詞家・作曲家・その他とコネつくりたい放題、マネージャーなどの他人を通して自分の未来も見れたりするから軌道修正しまくりでのし上がれる。

また、もしかしたらこの人は乙坂兄弟(あるいは隼翼だけかもしれんが)に会っている。
有宇がループ前を視認したきっかけとなった曲が「Trigger」だと思うんだけど。
この歌詞には、「ここらへんをループしている史上最強の堕天使」とか「瞳孔開けて準備オッケー」とか「無限にあるような時間の中」などなど、乙坂兄弟(特に隼翼)の人生そのものである。


コメントに書き込んでしまった後思ったのですが、このブログに、有宇の持つ能力の対象の視覚を奪うという特性に着目して、断片的に表れた別時間軸(他並行世界)の自分の視覚を能力によって奪うことで無いはずの記憶を呼び覚ました、という考えに関心を得ました。
そう考えると、前泊によって消された記憶が戻らなかったことを説明することもできます。
ただし、その記憶が単にZHIENDと関わっていなかったから、とも考えられるわけですが。
スポンサーサイト

| アニメ・ゲーム | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金剛・カレン PC壁紙

声優とお国繋がりでくっつけてみた
キャラクターに似てインパクトが強いのは仕様。
普段見るPC壁紙には向かないのも仕様。
言うだけなら何とでも言える!

金剛・カレン
(1920*1080)クリックで大きいサイズ

| アニメ・ゲーム | 03:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

背景透明化+補完

結構頑張ったので上げておきます。
水着の方は、元画像では髪の一部と膝が真白に隠されていたので補完。
ついでに上げる制服の方はただの背景透過。

未確認で進行形より夜ノ森小紅

夜ノ森小紅 水着
↓FC2では2MB以下しか取り扱ってくれないので、別のサイトにフルサイズをアップしました(注意:4.5MB)。
夜ノ森小紅 水着

夜ノ森小紅 制服
元画像:こうましろ

| 画像編集・自作イラスト | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リグレットメッセージ考察

悪ノPのリグレットメッセージについてです。
前に、少しのリグレット(後悔)しかないのかよ、といったコメントを拝見したのでそれについてふと思ったことを書こうかと思います。

早速本題の何に後悔しているかですが、
これは主に「身代わりになってもらったこと」ではないかと思います。
あそこで私が出ていれば・・・という感じだと思うのです。

根拠として、 王女は純粋なまま、良し悪しの区別を教わらないまま、逃がされたことにあります。
罪深さは感じたかもしれませんが、理由が深く理解できていなければそれを深く後悔できなくても不思議ではないかと思います。
なのでまず、いつも一緒にいてくれてた召使いのことに対する後悔が先立ったのではないでしょうか。
時系列的にも「全て終わったあと」の雰囲気が処刑の直後のように感じます。
それと、歌詞にはその召使いに関する願い事をしている描写があります。
純粋ゆえにまだ希望を持っている、と考えられます。

また、「少し」の理由ですが、召使いが望んだことだから、だと思います。
彼が最期に望んだことなので理解してあげたいという気持ちがあったのではないかと思われます。



余談ですが、歌詞の最後に「もし生まれ変われるのなら・・・」という願い事を
しています。
曲解かもしれませんが、これは歌詞の中で「願い」という言葉(涙とリグレット(後悔)もセットですが)が繰り返し書かれているので王女の成長を表しているとも考えられます。

かなり強引な上、この記事の主旨からズレたオチでしたが、以上です。

「少し」に焦点を当てるとこんな感じになりました。
こういうことを考えるのもなかなか楽しいですね(´ー`)

| 未分類 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイト作り直しました

諸事情によりサイトが消し飛んでしまったので、新しく作り直しました。
ついでにタイトルも変えています。

タイトルの意味は、Angel Beats!の天使になぞらえています。
ま、ホントは「himegimi.jp」というドメイン名が使いたかっただけですがw

実際、かなでさんは冷たくもないですし。
まあ、表情が乏しいってところから冷たく見えるってことで(; ̄▽ ̄)
SSSの面々も途中までは冷徹なイメージ持ってたようですしねー

では、報告でしたー

| 未分類 | 02:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。